便秘を解消したくて乳酸菌サプリを始める方は多いのではないのでしょうか。

乳酸菌には整腸作用があり、腸内環境を整えてくれて、お通じを良くしてくれる機能があるのは事実です。

では、便秘解消にはどんな乳酸菌、成分が効果が期待できるのか、解説していきたいと思います。

便秘解消向けの乳酸菌と成分

乳酸菌

  • ビフィズス菌(ロンガム種)

元々、人や動物の腸の中いる常在菌の一つで、乳酸と酢酸を作る働きをします。
乳酸や酢酸により腸内を酸性に保つことができ、悪玉菌の動きを抑制してくれます。
また、ビフィズス菌を摂ることにより腸内で増殖して、整腸作用のある働きをしてくれます。

 

  • ラブレ菌

京都の漬物から生まれた植物性の乳酸菌です。
植物性の乳酸菌は熱に強く、胃酸や胆汁の影響を他の乳酸菌と比べると受けにくいです。
腸内に入ると乳酸を代謝してくれ、悪玉菌を抑制してくれます。

 

  • フェカリス菌

球菌と呼ばれる乳酸菌で形は丸く、他の乳酸菌と比べると小さいです。
加熱処理され死菌としての利用されるケースが多いです。
死菌は腸内にいる善玉菌の栄養になるため増殖をサポートしてくれます。

成分

  • オリゴ糖

腸内にる乳酸菌のえさとなるものです。乳酸菌は栄養源がないと死んでしまいます。
腸内環境を整えるためにも乳酸菌と一緒に摂る必要があります。

 

  • 短鎖脂肪酸

短鎖脂肪酸は酢酸や乳酸、酢酸などを示す有機酸のことです。
腸内を正常に保つためには欠かせない成分で肥満予防を始め、血圧を抑える、免疫力の向上な有能な働きをしてくれます。
腸の蠕動運動を促進することでも知られます。

 

乳酸菌サプリを選ぶ3つのポイント

便秘解消向けにおすすめ乳酸菌と成分を記載しましたが他のにも3つ選ぶポイントがあります。

1.腸まで届く施策はされているのか

ほとんどの乳酸菌は熱に弱いものが多く、腸に届くまでに胃酸や胆汁によって死んでしまいます。
そのため、腸までしっかりと届ける施策がされているのかが選ぶポイントとなります。

例えば、熱や胃酸に負けないよう耐酸性カプセルを使っているものや乳酸菌エキスなど乳酸菌が代謝する成分を直接敵に腸に届けるものなどタイプは様々です。

要は腸で有効に働いてくれるような施策はされているのかです。

 

2.安全性

サプリは薬品と違い、効果が保障されているものではありません。あくまで必要な栄養素を補うものとされています。
だから、飲んでも意味のないような、むしろ害のあるサプリが売られてしまう現状もあります。

子供から高齢者、妊婦さんや授乳中の方まで飲めるサプリでなければ安心して飲むことができませんよね。
基準となるのはその乳酸菌サプリがGMP基準の認定の工場で作られているかどうかで分かります。

GMP基準とは厚生労働省の定めた食品の安全性をクリアしているかどうかの基準のことです。

GMP基準をクリアしてない工場で生産されていないサプリが悪いとは言いませんが、何よりガイドラインにクリアしてたほうが安心して飲めると思います。

 

3.サポート力

購入した後に後悔しないように、その会社がどれだけサポートしてくれるかもポイントになってくれます。
例えば、メールサポートなどは当たり前ですよね。

それ加えて、その商品が続けやすいのかか判断基準になってきます。乳酸菌サプリに多いのは定期利用で料金が安くなるなどが多いですよね。
中には商品を使用して実感できなかった場合、全額保証をしてくれるものもあります。

乳酸菌サプリを選ぶ時はその商品のサポートをチェックするようにしましょう。

 

名称未設定 1