68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s

便秘が治ったと思ったら、下痢になって、また便秘が続いてしまう。

こういった症状を過敏性腸症候群といいます。

 

過敏性症候群とは?

過敏性腸症候群とはIBSとも呼び、腸に炎症などの病気がないのに下痢や便秘といった便通異常を繰り返す病気の事です。

 

あなたは過敏性腸症候群かも?

 

  • 腹痛をともなう下痢を繰り返す
  • 便意があっても固い便やゆるい便しか出ず慢性化している
  • 便秘と下痢を数日間繰り返している

 

上記の事が当てはまる人は、過敏性腸症候群かもしれません。

 

この病気は現代病の一種で、女性の方がなりやすく、悩みを抱えている人はたくさんいます。

便秘と下痢を繰り返しやすい人の特徴!原因は何なの?

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s

過敏性腸症候群になってしまう人の特徴は大きく分けて3つあります。

不規則な食生活

この症状になってしまう人の大きな要因としては、不規則な食生活が挙げらることができます。

生活習慣が乱れることにより、腸内環境のバランスが崩れ、便秘が慢性化してしまうのです。

仕事や家事が忙しいと、食事のバランスをおろそかにしてしまいがちです。

野菜をあまりとっていない、肉中心の食事を摂っている、お酒を飲む機会が多いなどが症状を引き起こしてしまうケースが多いんですね。

 

運動不足

家から出る機会が少ない、デスクワークが多いなど

普段、運動をしないと腸内環境が乱れる原因となってしまいます。

 

ストレス

私生活を送っている中でストレスを感じていない方はいないと思います。

仕事中にイライラすることが多い、悩みを多く抱えている

といった、心理的な要因も下痢と便秘を繰り返してしまう原因となってしまいます。

 

便秘と下痢を繰り返す時の3つの対処法

4bd69d42bfea94ee0ce58e8520a9adb1_s

では、どうすれば、過敏性腸症候群から脱却することができるのでしょうか?

代表的な対処法は3つご紹介していきたいと思います。

バランスの良い食事を心がける

食生活の乱れが、腸内環境を悪化させてしまい、過敏性腸症候群になるきっかけとなってしまいます。

腸内環境を正常に戻すためにも、野菜を中心としたバランスの良い食事を摂ることが大切になってきます。

しっかりとした便を作るためにも、一日三食、食べることが大切です。

 

定期的な運動

運動する時間がないといった方でも軽く体を動かすだけでも、大きく変わってくるので、運動を心がけましょう。

ウォーキングや腹筋だけでも、腸内を整えることができます。

腸内環境を整える運動などもあるので定期的にやるとよいでしょう。

 

定期的に乳酸菌を摂る

腸内環境を整える方法として、王道なのが乳酸菌を摂ることが知られていますね。

乳酸菌には腸内の善玉菌を増やして、腸内フローラのバランスを整える性質があります。

 

乳酸菌食品、飲料、サプリなど、摂る方法は様々です。

乳酸菌には種類が多くいるので自分に合った乳酸菌を摂ることが大切です。

 

おすすめの乳酸菌の摂り方は、サプリメントです。

 

サプリはヨーグルトより、多くの乳酸菌を一日に摂ることができるので、実感度も変わってます。

乳酸菌サプリを選ぶ際はこちらの記事が参考になると思います。

→ 乳酸菌サプリ口コミ必見ランキング

 

まとめ

便秘と下痢を繰り返してしまう方は、不規則な生活習慣やストレスが原因となっています。

しっかりと治して、すっきりした生活を送るためにも、腸内環境を整える事が必要となってきます。

 

腸内環境を整えるためには、食生活の改善、運動不足の解消、乳酸菌を摂る方法があります。

 

私生活を少しずつ変えていけば治る病気なので、今回の記事を是非参考にしてみてください。