356086

花粉症を治すときには乳酸菌が良いと聞いたことはあるがビフィズス菌でも効果があるのか?

今回はこの議題について深く掘り下げてお話ししたいと思います。

 

ビフィズス菌というと、ヨーグルトなどよく見て、名前は知っているという方は多いと思います。

しかし、どんな働きや効果があるかは知っている方は少ないと思います。

 

乳酸菌には種類によって、アレルギー緩和や免疫力強化、腸内整理などの様々な効果があります。

 

では、ビフィズス菌はどの作用に優れているのでしょうか。

 

ビフィズス菌の2つの働き

  1. 悪玉菌の増殖の抑制
  2. 免疫力強化

ビフィズス菌は大腸の腐敗菌や病原微生物などの悪玉菌の増殖を抑制する働きを持つことで知られています。

腸内で悪玉菌が増えると、おならがくさくなったり、便秘になりやすくなってします。

そのため、悪玉菌の増殖を防ぐためにもビフィズス菌は大きな働きをしてくれるんですね。

 

2つ目は悪玉菌を抑制することで免疫機能を高めることができる働きです。
つまり、病気にかかりにくい体を作れるということですね。

免疫力が強化されることによって、病気に負けない体づくりをすることができます。

 

では、ビフィズス菌には花粉症に効果はあるのでしょうか?

 

ビフィズス菌は花粉症にいいの?

 

花粉症を乳酸菌で対策する方法

花粉症はスギやヒノキなどにアレルギーを持っているとアレルギー反応を起こして

くしゃみや鼻水、かゆくなるなどの症状が出てしまいます。

 

この症状を乳酸菌で改善したいと考えると必要な要素は2つあります。

 

  • 免疫力の強化
  • アレルギー緩和

 

花粉症を改善したいといっても、乳酸菌からサポートできる効果はこの二つだと思います。

 

アレルギー緩和による、花粉症の症状を弱める作用

免疫力強化によるアレルギーに負けない内側からの体づくり

 

この二点の効果により花粉症改善に近づくことができます。

 

ビフィズス菌にはアレルギー緩和の働きが少ない

ビフィズス菌は悪玉菌の増殖による免疫力の強化のはたらきがあるのである程度は効果が期待できると思います。

しかし、アレルギー緩和においてはあまり効果が期待できません。

 

例えば、アレルギー緩和に良いとされている乳酸菌はフェカリス菌というものが知られています。

アレルギー緩和の働きを持った乳酸菌の方が花粉症の方向けといえるでしょう。

 

花粉症の向けの乳酸菌を摂るのがベスト

乳酸菌にはたくさんの種類のものがおり、免疫力を強化、腸内整理、アレルギー緩和に特化したものがたくさんいます。

ビフィズス菌の場合、腸内整理に優れているのであまり花粉症の方にはおすすめできません。

そのため、花粉症の方はアレルギー緩和、免疫力強化に優れた乳酸菌を摂る方が良いでしょう。