sozai_nyusankin_7

日ごろ、生活習慣が乱れて風邪になりやすいなど病気になりやすい体になっていませんか?

現在では体調に関しては自己管理が当たり前になっています。

アレルギー疾患などなってしまったら取り返しのつかないケースも少なくありません。

今、自然できる予防医学としてプロバイオティクスが注目を集めています。

プロバイオティクスって何?病気の予防ができるものなの?

397019

いきなりプロバイオティクスと言われても、難しそうな言葉だなと思う人が多いですよね。

プロバイオティクスというのは「私たちの腸内に住んでいる体に有益な働きをする細菌などの微生物」のことを指します。

これまでの研究によって、腸内に住む細菌が、病気の予防や健康増進に大きくかかわっていることが分かってきているんですね。

プロバイオティクスというのは同時に積極的に病気にかからない強い体を作ろうと考えられていて予防医学とも言われています。

プロバイオティクスの働きは広範囲に及び、アトピーなど、生活習慣が乱れている人など悩んでいる人から注目を集めているんですね。

プロバイオティクスの代表格が乳酸菌です。

日本でも海外でも多くの人に知られていますよね。

プロバイオティクスの代表格は乳酸菌

WS000030

乳酸菌は腸内整理に良いだけではなく、免疫力をアップさせ、アレルギー疾患などを予防してくれます。

まさに、体に有益な働きをする細菌という訳ですね。

予防医学とは副作用のある薬剤などを使って体内に侵入してくるウィルスを退治するという訳ではありません。

私たちの元々持っている免疫機能を高め、様々な病気から守る自然な方法が必要なのです。

それに最適なプロバイオティクスが乳酸菌なんですね。

例えば、生活の中でなりやすい病気といえば、風邪だと思いますがなってしまうと、仕事にも周りにも支障がでてしまうでしょう。

インフルエンザなんて特にそうですよね。大切な会議がある時期などになってしまったら最悪です。

それでも、会社からの評価は自己管理が出来ていなかったでかたずけられてしまいます。

周りもそうですが結局は自分がつらい思いをするハメになるんです。

アレルギー疾患にしても同じ、なってしまうのは自己責任となってしまうでしょう。

そういった、病気や疾患にならないためにも予防医学であるプロバイオティクスはとても大切なことなのです。

 

では、病気にかからない体を作るには具体的にはどうすればよいのか?

 

病気にならないための体づくり

病気にならない体を作るために必要なことは正しい生活習慣を送ることと、乳酸菌を生活の中に取り入れることです。

正しい生活習慣とは栄養バランスの整った食生活、定期的な運動などが挙げられます。

 

栄養バランスと整った食事

126889

近年ではジャンクフードなどが増え、栄養バランスの整った食事を毎日とっている人は少ないでしょう。

また、仕事など朝早い人や帰ってくる時間が遅いと食事を抜いてしまったり、軽く済まてしまいがちです。

こういった、乱れた食生活から病気になりやすい体になってしまんです。

定期的な運動

 

適度な運動も大事です。せっかくの休みだからってだらけていては基礎代謝が落ち、免疫力が低下してしまいます。

運動する時間をしっかりと設け、適切な体作りをしていきましょう。

 

乳酸菌を生活に取り入る

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s

プロバイオティクスの代表格である乳酸菌を生活に取り込むことで、腸内作用や免疫力アップをすることができ腸から元気になることができます。

乳酸菌を摂る方法はいくつかありますが、しっかりとした量と質を摂るためには乳酸菌サプリの使用おすすめします。

乳酸菌はもともと熱に弱い菌でヨーグルトなどで摂ると胃酸や胆汁で死んでしまい、腸まで死菌として送られてしまします。

一方、乳酸菌サプリは胃酸や胆汁に強い耐酸性のカプセルを使用していて「生きた」まま乳酸菌を腸まで送ることができるんですね。

また、死菌を加熱処理により、体により良い有能な働きをさせるものもあるので気になる方はチェックしておきましょう。

 

プロバイオティクスにおすすめの乳酸菌サプリ

  • メガサンA150

 

  • 善玉元気