398211

便秘解消をしたいと思っている方やおなかが不調という方は腸内環境を整えたいと思っている人は多いでしょう。

腸内環境を整えるには乳酸菌をとって、腸内の善玉菌を増やして、善玉菌を優勢にする必要があるとおもいますが

サプリと食べ物ではどちらが効率よく乳酸菌を摂ることができるのでしょうか?

 

乳酸菌を増やすにはサプリと食べ物どっちがいい?

 

腸内の善玉菌を増やすためには乳酸菌を実際にとる方法がポピュラーですね。

乳酸菌を摂るといっても食べ物からとるのかサプリメントでとるのかの二択になることが多いと思います。

では、どちらのほうが乳酸菌を効率よくとれるのでしょうか?

 

乳酸菌を増やす食べ物

103172

乳酸菌を増やす食べ物といえば、ヨーグルト、キムチ、チーズ、漬物などあげられると思います。

この中で日常的に食べられてるのがヨーグルトですね。

普段、朝食に食べられる方は多いのではないのでしょうか。

今回は一般的なヨーグルトとサプリを比較してみましょう。

 

一般的なヨーグルトには一つ当たり(100ml)乳酸菌が約10億個ほど入っているといわれていますが

一日に食べても3つくらいが限度だと思います。

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌のほとんどが動物性の乳酸菌で熱に弱く、胃酸や胆汁によって腸に運ばれるまでに死んでしまうものが多いです。

死んだ乳酸菌でも効果がないわけではないですが、有効に働くためにも一日に1兆個はとる必要があります

一兆個となるとヨーグルト約1000個分に相当するわけですから普通に考えたら、一日に食べれる量ではありませんね。

 

キムチや漬物には植物性乳酸菌が含まれているのですが、植物性乳酸菌は熱に強い特性を持っているので生きて腸まで届きやすいです。

それと比べるとヨーグルトは死んだ菌を有用に働かせるので、相当量の死菌をとる必要があるでしょう。

乳酸菌を増やすサプリ

乳酸菌を増やすサプリとは乳酸菌を直接摂ることができるサプリメントです。

植物や動物から乳酸菌を直接、採取、培養されて作られているものが多いです。

 

直接的に乳酸菌をカプセルや顆粒に含ませてるので100~1兆個もの数をとることができます。

動物性乳酸菌など熱や酸に弱いものを生きて腸まで運ぶため、耐酸性のカプセルなどの施策があるのも特徴です。

 

また、食べ物と違い、糖分や塩分、カロリーなどを気にするのに対してサプリは気にすることがなく使用できます。

効率と有能性を考えると食べ物よりサプリのほうが数段優れてますね。

 

ただ、安いヨーグルトなどと比べると値段が高いのがネックかもしれません。

まとめ

乳酸菌を効率良くとりたいと考えるならサプリをおすすめします。
ただ、値段が少し気になるという方はヨーグルトなどを続けやすいものでも効果は期待できると思います。

腸内の乳酸菌を増やすためには、一日だけ取るのではなく、長期的にとることで実感できるので

継続的に続けるよう心がけましょう。