みるきーちゃん

乳酸菌サプリにはどんな種類の商品があるの?

サプリメントと聞くとカプセルのイメージが強いですが乳酸菌サプリには様々な種類の商品を見かけることができます。種類別で分けるとパウダータイプ、カプセルタイプ、チュアルブルタイプ、ゼリータイプに分けられます。

 

乳酸菌サプリの種類とそれぞれの特徴は?

  • パウダータイプ
猫4

パウダータイプの乳酸菌サプリは加熱処理や死菌を利用したものが多く飲むときは水やぬるま湯などの服用します。

粉状なのでゼリーに入れたり、ジュースに入れたり、小さいな子供や高齢者の方でも摂取することができます。

ただ、味がしっかりと感じるのでまずいものや匂いのあるものなどがあるので粉タイプだとむせてしまう方や苦いものなど味にクセがあるのは飲めない方にはおすすめできません。

 

  • カプセルタイプ
猫4

カプセルタイプのほとんどの乳酸菌サプリには耐酸性のカプセルが使われていて胃酸や胆汁の酸や熱で乳酸菌が殺されないように守ってくれます。

また、カプセルなので味や匂いに関係なく手軽に飲むことができます。しかし、子供は高齢の方飲みづらいというデメリットもあります。

 

  • チュアルブルタイプ
猫4

チュアルブルタイプはラムネのようなタイプのものです。噛んで飲むタイプのサプリでどこでも食べやすいのが特徴です。

食感が固いので高齢者のかたや小さな子供には向かない乳酸菌サプリです。

  • ゼリータイプ
猫4

最後にゼリータイプです。

ゼリータイプは子供から大人まで食べることができます。味や匂いはもちろんありますが気にするレベルのものではなく、おいしく食べることができます。

まとめ

特にタイプによって期待できる効果が違うということはないので、自分の続けやすい種類のものを選ぶとよいでしょう。

ただ、小さい子供や高齢の方はカプセルタイプやチュアラブルタイプの乳酸菌サプリは飲みづらいと思うのでパウダータイプのものかゼリータイプの商品をおすすめします。