142236

便秘や下痢などになってしまったら、乳酸菌を取る方は多いと思います。

しかし、早く治したいからといって、大量にとることは意味がありません。

もしも、乳酸菌を摂りすぎた場合はどうなるのでしょうか?

乳酸菌を取りすぎたらどうなる?人体への影響は?

腸内環境を早く整えたいと思い、乳酸菌を過剰にとっても意味はありません

乳酸菌を大量にとったとしても、腸内で生きられる菌の数は決まっているため、ほとんどが働かずに排便されてしまうからです。

 

そのため、乳酸菌を大量に摂取することはおすすめできないですね。

 

乳酸菌は副作用がないことで知られていますが、急に腸が活発に働くことによって、下痢などになってしまうケースもあります。

ヨーグルトで乳酸菌を摂っている方は注意!

一般的に乳酸菌をヨーグルトで摂る方は多いと思います。

便秘などで悩んでいるとき、ついつい食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。

 

しかし、ヨーグルトには乳酸菌以外に糖質や脂質などが多く含まれています。

 

そのため、ダイエット中の方や糖質が気になる方には逆効果だといえるでしょう。

 

乳酸菌は最適な方法で摂ることが必要となってきます。

 

必見!乳酸菌を最適に摂る方法とは?

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

腸内環境を良くするためには、善玉菌(乳酸菌)を増やすことが鍵となってきます。
そのために必要な事は、乳酸菌を定期的に摂るということです。

定期的に乳酸菌を摂ることで、腸内に定着させることができます。

 

逆を言えば、定期的に乳酸菌を摂らなければ、すぐに善玉菌が減少してしまうのです。

 

毎日、乳酸菌を摂るようにすることが第一歩です。

 

一日の目安量はどれくらいとればよいのか?

乳酸菌の一日の摂取量は具体的に決められていません。

乳酸菌と人の腸の相性によって異なるからです。

 

そのため、数字を目安にするのではなく、実際に試していて自分に合う量を摂るのが良いと思います。

自分に合う乳酸菌の探し方は以前の記事が参考になると思います

→ 自分と相性の良い乳酸菌の見つけ方

乳酸菌サプリなど、一日の目安が決められているものは、決められた量を守るようにしましょう。

 

効率の良い乳酸菌の摂り方

ヨーグルトなどで乳酸菌を摂る方が多いですが、一般的なヨーグルトに含まれる乳酸菌は熱や酸に弱いため、腸に届く前に死んでしまうものがほとんどです。

乳酸菌を有能に働かせるためにも、自分の腸にあった乳酸菌を見つけていく必要があります。

 

また、定期的に摂ることが重要なので、続けやすいものを選ぶことも大切です。

 

この2つの利点を兼ね備えた方法がサプリメントの活用です。

 

サプリは乳酸菌を有能にいかせる施策がされており、多くの種類のものを摂ることができます。

糖質や脂質も気にすることがないので、ダイエット中の方にもおすすめです。
値段も、ヨーグルトと比較しても変わらないサプリもあるので、効率的に乳酸菌を摂りたいと思っている方はぜひ検討してみてください。