l_140

基本的に一週間以上、便がでない状態が続くようならば、病院に行くことをおすすめします。

また、排便時に痛みや違和感があったり、お腹のハリが続いているような場合でも、便秘外来へ相談に行くようにしてください。

 

長期的な便秘になると、すぐに治したいという気持ちが強く出てしまい、便秘薬を使用する方が多いと思います。

 

しかし、便秘薬では一時的に便秘を治す事しかでません

 

便秘にならないようにするものではないので、使用する前に便秘薬について詳しく知っておきましょう。

便秘薬はどういう便秘に使用するの?

長期的に便秘が続いていて、「すぐに便秘を治したい」「不安で仕方がない」という気持ちなるのは当然のことです。

すぐに治すためにも、便秘薬を使用すればよいのかというとそうでもありません。

 

便秘薬は、腸を刺激したり、便を柔らかくしたりするものです。

一時的な排便作用はありますが、無理やりに排便をしているため、腸に負担をかけることになります。

 

そのため、腸の機能の低下や下痢や腹痛を起こす可能性があり、逆効果になってしまうケースがあります。

 

では、便秘薬はどういった場合に使用するのでしょうか?

 

便秘薬は緊急性の高い便秘に使用します。

「便秘になって辛すぎる」「一週間以上排便しない」などの場合のみです。

 

また、便秘薬は”薬”なので、専門の病院で処方してもらうようにしましょう。

間違っても、市販の便秘薬を適当に使用することはおすすめしません。

便秘薬を使わず長期的な便秘を治すためには?

a1c84f1772205477010681dc7d78d077_s

本来、腸内環境を整える方法は運動と食生活の改善です。

便秘にならないようにするためにも、善玉菌を増やし、腸内環境のバランスを整えておく必要があります。

 

しかし、強度の便秘になってしまった人の場合、それだけでは腸内環境を改善することは難しいです。

 

長期的な便秘には、便秘薬より整腸剤の使用をおすすめします。

便秘薬は強制的に排便作用を起こすものですが、整腸剤は自然に腸内環境を改善するものなので、体への負担を減らしてくれます。

 

ただ、便秘を治す即効性のあるものではありませんので間違えないようにしましょう。

 

整腸剤にも種類が多くあるため、専門医に相談してから使用するのがベストです。

 

長期的な便秘にならない体質を作ろう!正しいパターンを選択する

便秘にならない体質にするためにも、正しいパターンを選択するようにしましょう。

間違った治し方をしないようにおさらいします。

絶対にやってはいけない良いパターン

 

長期的な便秘 ⇒便秘薬の使用 ⇒ 便秘再発 ⇒ 便秘薬

便秘薬を使用し続けると、逆に便秘を引き起こす原因になるのでおすすめできません。

 

長期的な便秘を治す最適なパターン

 

長期的な便秘 ⇒ 整腸剤の使用 ⇒ 腸内環境を整える ⇒ 便秘にならない体質を作る

 

長期的な便秘が治ってから、再度便秘にならないようにするためにも、腸内環境のケアをするようにしましょう

定期的に乳酸菌摂ることで、善玉菌を増やし、腸内環境を整えることができます。

 

毎日の腸内環境のケアにより、便秘にならない体質を作ることができるでしょう。

みるきーちゃん

便秘解消後のアフターケアがとても大事ですよ!