みるきーちゃん

乳酸菌サプリは腸まで届くの?
ヨーグルトとの違いは?

乳酸菌は生きたまま腸まで届かなきゃ意味がない多く人がそう思っていると思います。

本当に「生きて」腸まで届けばいいのでしょうか?

ヨーグルトと乳酸菌サプリはどちらが生きて腸まで届くのか?

398215

ヨーグルトの場合

一般的なヨーグルトにはおよそ10億個の乳酸菌が含まれています。これを摂取して実際に「生きた」まま乳酸菌が腸までたどり着く可能性ほぼゼロに等しい数字でしょう。

なぜなら、乳酸菌は元々、熱に弱い菌でほとんどが体内の胃酸や胆汁によって殺されてしまうからです。

熱に強いと言われている植物性乳酸菌にしてもいくら過酷な環境で生き抜くことができても生きたまま腸までたどりつくものは普通の乳酸菌より多いということでしかないです。

乳酸菌サプリの場合

乳酸菌サプリの場合、耐酸性カプセルなど胃酸や胆汁に対策したカプセルを使用したものなどがあります。

そのため乳酸菌を限りなく「生きた」状態で届けることが可能です。

さらに乳酸菌量が一日あたり500億~1兆個以上摂ることができる商品があるのでヨーグルトと比べると段違いで腸まで送り届けることができます。

ヨーグルトは意味がないのか?

テレビや数多くのメディアでヨーグルトは体に良いって言ってるけど、乳酸菌が摂れないなら意味ないじゃんと思う人もいる
と思いますがヨーグルトは栄養を吸収しやすく体にはとてもいいものです。

乳酸菌が死んでしまっとしても体に良い働きをしてくれるので腸内整理などに効果があるでしょう。

ただ、乳酸菌をしっかりと摂りたいという観点から見るとヨーグルトより乳酸菌サプリのが効率が良く実感がしやすいです。

死んだ状態でも乳酸菌は働く

WS000030

乳酸菌を摂る時、生きてることにこだわる人がいますが、生きてなくても体に有効に働いてくれます。
死んだ乳酸菌は生きている乳酸菌や腸に元々いる菌の餌となって善玉菌サポートをしてくれるんですね。

他にも免疫力アップにも効果が期待できるんです。

乳酸菌サプリは「生きた」状態で乳酸菌サプリを届けるのに適しています。

死んだ状態でもヨーグルトの100倍以上の乳酸菌を摂取できるので、乳酸菌をしっかりと摂りたいと考えたときに適した商品でしょう。

ヨーグルトにしても乳酸菌サプリにしても続けることが大事です。