「ヨーグルトを食べているけど、効果を感じられていない」

 

腸内環境を改善したいけど、ヨーグルトは効果がないと思っている方は多いのではないのでしょうか?

 

ヨーグルトと人の腸には相性があるため、同じヨーグルトでも効果がある人とない人がいます。

 

今回は、誰でもヨーグルトを効果を実感できるようになる方法をご紹介していきたいと思います。

 

そのヨーグルト腸に合ってないかも?ヨーグルトと腸の相性について

現在、乳酸菌を含むヨーグルト製品は800種類以上あるといわれています。

それぞれ、含まれている乳酸菌も違うため、特徴や機能性が異なります。

 

突然ですが、ヨーグルトを選ぶ際に、何を基準に決めてますでしょうか?

 

恐らく、ヨーグルトを選ぶ時に、値段で決めている方が多いと思いでしょう。

しかし、

値段でヨーグルトを決めてしまうと、ヨーグルトの効果を実感できない可能性があります

 

人の腸と乳酸菌には相性があり、相性の合わない乳酸菌を摂ると、腸内で有能に働かずに排出されてします。

 

効果のあるヨーグルトを選ぶためにも、値段ではなく、乳酸菌の種類で決める必要があるのです。

 

自分に合ったヨーグルトを見つけましょう

自分にぴったりの乳酸菌を見つけるためにも、色々な種類のヨーグルトを食べ比べていく事をおすすめします。

 

毎日、一種類のヨーグルトを続けて食べるようにして、様子をみてみましょう。

最低でも2週間ほど続けて、効果を感じられない場合は、別の種類のヨーグルトを試すようにします。

 

自分の腸に合ったヨーグルトだと、お腹のスッキリ感を感じられるので、そのヨーグルトを続けるようにしましょう。

たくさんのヨーグルトを食べ比べていく事で、効果が感じられるものを見つけることができます。

 

注意点

別の種類のヨーグルトでも、同じ乳酸菌が使用されているものがあります。

ヨーグルトを変えるときには、同じ乳酸菌が含まれていないものにしましょう。

 

ヨーグルトの効果アップ!善玉菌を増やす食べ方

自分の腸に合ったヨーグルトを食べ続けることで、効果は期待できますが、さらに腸内環境を良くする食べ方をご紹介します。

 

オリゴ糖を入れる

乳酸菌のエサでもある、オリゴ糖をヨーグルトに混ぜることで、より腸内環境を良くすることができます。

小腸で吸収されずに大腸まで届くため、元々腸内に住み着いている善玉菌のエサなり、働きを活発にさせます。

 

はちみつを入れる

はちみつは、アミノ酸やミネラルを豊富に含んでいます。

整腸作用や疲労回復の効果があるので、ヨーグルトとの相性は抜群です。

 

夕食後にたべる

時間帯が変わることで、効果が変わってくるという事はないですが、腸のためには夜がおすすめです。

 

夜は副交感神が優位に働いているため、腸の働きも活発になり、乳酸菌が住み着きやすくなります。

 

そのため、夕食後にヨーグルトを食べるのがおすすめです

まとめ

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は人の腸と相性があります。

 

自分の腸に合った乳酸菌を見つけるためにも、複数のヨーグルトを試すようにしましょう。

 

ヨーグルトの効果をアップさせるためにも、今回の記事をぜひ参考にしみてください。